失敗が少ないフィットネスウェアの選び方

フィットネスジムに通うなら、専用のウェアがある良いでしょう。最近のものはどれも良くできているので、後悔することは少ないです。それでも場合によってはあっちのウェアの方が良かった、あるいはここがこうだったら良かったのにといったこともないわけではありません。

そこでフィットネスウェア選びに失敗しないためにも、扱いに関することも含めてちょっとしたコツを覚えておきたいものです。

まずは目的に合っているのかを調べておきましょう

フィットネスウェアを選ぶ上で重要になるのが、運動する目的に合っているものなのかどうかという点です。例えばフィットネスジムでランニングを中心に行うのであれば、ランニングシャツやパンツと呼ばれるものにしておきましょう。

さらに大量に汗をかくため、速乾性や吸水性に長けているフィットネスウェアが良いです。動きやすいのはもちろんですが、汗をかいた時にシャツが体にへばりついて、不快に感じなくてすむのです。もしもヨガをするためにフィットネスウェアが必要なら、袖がないタイプがおすすめです。

ポーズをする時に邪魔にならず、動きやすいからです。ただし胸元が広く開いてしまうものを選ぶと、前かがみになった時に下着が丸見えになることがあります。加えて丈の短いフィットネスウェアだと、体を大きく反らせた時におへそが出ます。

そこで適度に体にフィットしていて、骨盤あたりまで隠れるくらいの長さものを買っておきたいです。しかし体のラインが出るのが嫌なら、フィットネスウェアの上にティーシャツやタンクトップ、キャミソールなどを着るようにすると良いでしょう。

手に入りやすいのかどうかも大切です

運動する時に着用することが多いですから、汗が染み込むのはもちろんこと、屋外で行うなら埃や砂が付着します。それらを取り除くためには、使用するたびに洗濯をすることになるのです。そのためすぐに生地が駄目にならないものを探すのも良い方法です。

ただそれでも洗う回数が増えれば、新品同様のままというわけにはいきません。繰り返し洗うと汗も吸わなくなってきますし、色あせたり生地がよれたりすると周りの目も気になります。すると運動に集中できない可能性があるため、怪我をするリスクが高くなります。

そこでフィットネスウェアは、こまめに買い替えるようにする方が良いでしょう。値段が手頃であることと、多くの店舗で扱っていてすぐに手に入るようなものを選んでおくのが無難です。

また大手のメーカーが発売しているフィットネスウェアであれば、生産中止になってしまうなどといった可能性が少ないです。

必ず試着をするのを忘れずに

見た目や機能が気に入ったからと、衝動買いしてしまう人もいるのでしょうが、必ず試着するようにしておくのが失敗しないためのコツです。自分が好きなものを着るのは大切で、そのことで運動する意欲が出ることも珍しくありません。

ただし着ていて不快に感じるようだと、ストレスがたまることがあるのです。そのため目ぼしいフィットネスウェアを見つけたのなら、必ず試着するようにしたいです。その時には縫い目が肩や脇に当たった時に、違和感がないか気にならないかをチェックしましょう。

肌触りも大切で、少し体を動かしてみて擦れた時に肌が痛くならないかも見ておきたいものです。他にも着た時に透けないのも重要な点で、手を押し当てたり生地を引っ張ったりして確認します。インナーを着るので問題ない人もいるのでしょうが、運動によっては厚着をすると支障が出ることもあります。

単純にインナーを忘れることもあるわけで、それで運動ができないのは残念ですから、できれば透けないものが望ましいです。

フィットネスウェアのお手入れ方法

フィットネスウェアを使用したら、直ちに洗うようにしたいものです。放置すると汗が染み込んでしまい、臭いが取れにくくなってしまうからです。それからファスナーやボタンがついているなら、しっかりと閉めるようにしましょう。

これは洗濯機に入れて回っている間に、一緒に洗っている衣服に加えて、フィットネスウェア自体も破損してしまう恐れがあるのです。他にもフードや袖口のシワは伸ばしておくのが良く、そこにたまった埃や砂が取れずに残るのを避けられます。

簡単に元に戻せるなら、フードについているヒモを抜いてから洗うのも良い方法です。基本的にはネットに入れるのがおすすめですが、そのまま洗濯機に入れるなら弱流水に設定しておくと良いです。普通の洗濯洗剤で構いませんが、柔軟剤成分が入ったものだと撥水加工が取れる恐れがあるため注意が必要です。

洗剤がついたままだとフィットネスウェアの機能の低下を招くので、すすぎは入念に行うようにしたいです。脱水に関しては洗濯機でやると傷める可能性がありますから、可能であれば手でしぼるようにするのが無難です。どうしても洗濯機の脱水機を使う場合は、一分以内で終わらせるようにしましょう。

その後に干すのですが、場所は直射日光が当たらず風通しが良いところを選びます。早く乾燥させると、カビ臭くなりにくいです。中にはドライヤーを使う人もいますが、フィットネスウェアによっては変形や溶けて穴が開くことがあるため慎重にやりたいところです。

それ以外のフィットネスウェアについて覚えておくと良いこと

フィットネスウェアの中に何を着るのか迷っているなら、女性の場合はスポーツブラをつけるようにしましょう。これは激しく動いた時に、フィットネスウェアが乳首に当たって痛みが出ることがあるからです。酷い場合だと出血することもあるので注意が必要です。

では普段着用している一般的な下着でも構わないのかというと、あまりおすすめできません。胸が激しく上下に揺れることで、腱や筋肉が断裂する危険があります。しかも一般的なブラジャーの中には、胸の形を整えるためにワイヤーが入っていることがあるため当たると怪我をすることもゼロではないです。

その点で言えばスポーツブラなら胸が動くのを抑えられるので、胸を傷めるのを防ぎます。改めてスポーツブラを買うのが嫌だというのなら、胸を守るためのカップがあらかじめついているフィットネスウェアを選びましょう。

あるいはポケットがあって、そこにパットを入れられるようなフィットネスウェアが売っています。これなら胸のサイズに合わせられるので便利です。男性も胸を保護するためのインナーがありますし、ニプレスを貼るなどをしておくと痛みを軽減できます。